製品カテゴリ

陝西 Gaoton 石油機械有限公司

Tel:0086-29-87872212

Fax: 0086-29-87872212

メール アドレス:sales@sxgtpm.com

Skype:celiawangyanatxa

携帯: 008613402943512


APIケーシングスリップ〜油田処理ツール

ケーシングスリップ

ケーシングスリップは、API Spec 7KおよびSY5049-91 Slips for Well Drillingで設計および製造されています。 構造が堅く、軽量で保持範囲が広いマルチセグメントピースの構造で製造されており、磨耗によるケーシングパイプの外径の変化に適合しやすい。


操作上の要件と注意点:


(1)使用する前にケーシングスリップの保持範囲内にあるかどうかをケーシングの実際の外径を測定する必要があります。

(2)ヒンジピンがスムーズに回転するかどうか、ブロックがあるかどうかは操作前に確認してください。

(3)大きなハンマーでハンドルとバックコーンをノックすることは厳禁であり、ハンドルやコーン面の損傷を避けるため、スリップをより高い位置から落とさないように注意してください。

(4)ケーシングスリップの表面は、毎日の清掃で清潔に保つべきであり、回転部品とバックコーンは、錆びないように潤滑油で覆われていなければならない。

(5) ケーシングスリップ sについて定期的な検査を行うべきである。

a)スリップインサートがウェルに落ちないように、ケーシングスリップインサートの固定ボルトが緩んでいるかどうかを確認します。

b)ケーシングスリップが正しく挿入されているかどうかを確認する。

c)ケーシングの後部コーンが摩耗しているかどうかを確認するために定規を点検する。

d)ケーシングスリップのヒンジピンの状態をチェックして、それが摩耗しているかどうかを確認する。

(6)ケーシング・スリップ・インサートは、摩耗したことが確認された時点で完全に交換する必要があります。 荷重の集中によるスリップ体の破損を防ぐため、古いインサートと同時に新しいインサートを使用しないでください。

(7)コーン表面の疲労を軽減するために、顆粒をスリップコーン表面から離して除去する。

(8)ケーシングスリップコーン表面の磨耗状態をよく確認し、井戸への落下を防ぎます。

(9)ケーシングスリップが長期間使用されていない場合は、スリップを清掃して、防錆油でコーティングし、換気の良い乾燥した場所に置いてください。

(10)バックコーンは、それが真に疲れた後は、それ以上使用するために修理することができない。 この工場は、品質を保持しているスリップが古いバックコーンの自己修復の影響を受けるという事実によって引き起こされたいかなる事故についても責任を負いません。


さらなる要件がある場合は、 sales @ sxgtpm.com までご連絡ください